刺されると命の危険も!農作物を守りながら安全にスズメバチ駆除する方法

自分の身も農作物も守るスズメバチ退治

農作物のある環境は居心地がいい!退治後に蜂を戻ってこさせない方法

周囲に自然が多いからこそ不安になる~駆除された蜂はまた戻ってくる?~

スズメバチ駆除をしたあとは、蜂の被害を受けることがないかどうかを気にする人は多いはず。ここで実際にハチの駆除を行なったときに想定される疑問と回答を見てみましょう。

スズメバチ駆除が完了したら、もう二度と蜂はやって来ない?
いいえ、蜂は戻ってくることがあります!駆除を行なうときに、必ずしもすべての蜂が巣の中にいるわけではありません。駆除中に巣の外に出ていた蜂は、用事が済んだら当然巣のあった場所に戻ってきます。これを「戻りバチ」と呼び、「戻りバチ」の存在こそスズメバチ駆除の難しいポイントなのです。

スズメバチ駆除は、巣を撤去することができたら成功というわけではないのです。さらに厄介なことに、戻りバチはあるはずの巣がなくなってしまったことからパニック状態になり、攻撃的になることがあります。巣のあった場所に留まり続けてしまうので、その場所に近づくことができなくなってしまうでしょう。

農家の不安を取り除く!アフターケアの重要性

戻ってくる蜂がいるなら、業者に2回駆除を依頼しないといけないのかと心配になった方、安心してください。大抵の業者は、アフターケアとして「戻りバチ対策」を無料で行なってくれます。おもに、巣を除去したあとにトラップを仕掛けておく方法と時間をあけて調査に来てくれる方法があるのですが、業者によって対策方法は異なりますので事前に確認しておくとよいでしょう。場合によっては戻りバチ対策が有料になることもあるので、併せて料金の確認もしておくと安心です。また、戻りバチ対策以外にも、作業完了後の修復作業や蜂を寄せ付けないためのアドバイスを行なってくれる業者もいます。業者を選ぶ際には、戻りバチ対策は当然として、どのようなアフターケアがあるのかにも注目してみるとよいでしょう。

TOPボタン